2016年 1010p コンテスト開催  

  


  
 

  □ 1010p企画   狭帯域データ通信コンテスト  ( JT65A / JT65B / JT65C / JT9 ) 

    日時・・・・・・・・2017年 10月10日(火) 00時00分 〜 16日(月) 24時00分 まで (JST) 7日間

    参加資格・・・・国内のアマテュア局とします。
            
    周波数・・・・・・狭帯域データ通信免許取得の局で下記の指定周波数(指定周波数以外の周波数使用は禁止)

    参考ソフト名・・・・・・・ 
WSJT-10 / WSJT-X / JT65-HF-HB9HQX / JT65-HFシリーズ

    交信周波数・・・・
1.9MHz帯 =   1.909MHz ( USB )  JT9
              
3.5Mhz帯 =   3.531MHz  ( USB )  JT9
               7MHz帯 =    7.041MHz ( USB )  JT9
               50MHz帯 =   50.276MHz ( USB )  JT65A / JT65B
               144MHz帯 =  144.460MHz ( USB )  JT65A / JT65B
               430MHz帯 =  430.510MHz ( USB )  JT65A / JT65B
               1200MHz帯 = 1296.600MHz (USB )  JT65A / JT65B / JT65C


             *上記全ての周波数で必ずUSBで送信


   
■ 注意・・1.909MHz/ 3.531MHz /7.041MHz の「1010pコンテスト」参加は必ず「JT9」でお願いします。(狭い帯域周波数ですのでご協力お願いします。)
          (JT65 モードによる交信は得点に加算できません!!)


    送信パワー・・・出来る限り QRP運用で!!(全ての周波数で 最大パワー 5W 以下を推奨!!)

    コンテスト#・・・通常レポート ( 通常交信 )

    1日の間で 同じ局とは周波数が違えば何度でも交信OKです。(00時00分〜24時00分の24時間以内)
    コンテスト開催期間(10日間)で 最大得点日の1日だけを申請 します。(10日間の間で1日のみの最高得点日の1日を申請)


        マルチ@・・・1回の交信 1ポイント (海外の局も1交信1ポイント)
        マルチA・・・交信局からの送られて来たMyレポート(例・・−08dBとか−15dBとかのレポートを合計)
                (海外の局はマルチAの加算はできません
            極力QRP運用で−XXdBの低いレポートをもらうようにしてください。

    計算例・・QRPの時 1局目のレポートが−15dB 2局目の局のレポートが−10dBとすると合計点は 25 となります。
          通常の時 1局目のレポートが−08dB 2局目の局のレポートが−05dBとすると合計点は 13 となります。
          +レポートの時 1局目のレポートが+03dB 2局目の局のレポートが−05dBとすると合計点は 2 となります。

          頑張って極限のQRPに挑戦して−28dBを狙ってください。

    得点集計・・・7 日間の中の一番得点の高い1日のみ申請してください。
            交信局数 X 交信局から送られて来たMyレポートのマイナスを除いた合計(−15dB型式のレポートでしたら15点)

    ログ提出・・・交信リスト(交信局 Hisレポート Myレポート)+サマリーシート(型式は問いません。得点集計が確認できればOKです。)
            2017年10月31日までに jh3eca@jarl.com まで「件名に 1010pコンテスト」と記載してメールで送信お願いします。

    ○ コンテストログを提出いただきました局の中から最高得点の局に 優勝カップ or 丹波ワイン 用意しています。
      優勝局は「優勝カップ」より「丹波ワイン」の希望の局は 優勝カップの代わりに「丹波ワイン」を送る事も可能ですので
必ず明記して申請ください。
    ○ 優勝商品は宅急便で送りますので必ず、貴方の「
電話番号」と「郵便物が届く住所」と「郵便番号」も明記して申請お願いします。